昼間

正面ガラス面を劇場スクリーンと考え全てのお客様が景観を楽しめる様にひな壇とする。

カラースキームは自然素材を生かし、ガラス面に映りこむ大きな面は反射を軽減する為ダーク系とする。

照明計画は映りこみ回避と景観阻害に留意する。

座面は低めとし、余裕をもったレイアウトとする。

 

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

下段はさらに座面を低く設定し、少人数が静かに寛げるエリアとする。

 

ガラス面の構造再考、西日対策が必要。